当店は健康犬用品の専門店です

当店のご案内

アットグルメについて

愛犬「グルメ」が年を重ねてきて

グルメ(トイプードルの女の子)は、ペットサロンキッズゥを開業する以前から一緒に暮らしてきたパートナーで、お店をはじめてからも、毎日一緒に出勤し、一緒にお仕事をしてきました。グルメはわたしがトリミングの仕事をしている時には、自分のベッドで静かに過ごし、仕事が終わったことを感じ取ると甘えてくる、とても賢い子でした。グルメは元々腎臓が弱く、15歳を超えたころに動物病院で手術をする事が難しいといわれ、自宅で定期的に点滴をすることになりました。その頃から足腰も急激に弱くなり、立ち上がって歩くのもやっとの状態に。さらに白内障と昔の怪我の影響で両目とも見えなくなっていたので、 トイレの位置まで歩くのもヨロヨロの状態になっていました。

グルメに元気になってほしくて、愛犬のメンテナンス・ケアの資格を取得

グルメが元気になるために自分に出来る事は何かないかと、愛犬のメンテナンスやホリスティックケア、食育、アロマテラピー、ドッグマッサージ、鍼灸など、いろんな勉強をしてたくさんの資格も取得しました。
約1年ほどの介護状態が続き、2015年6月の深夜、グルメは私の腕の中で静かに息を引き取り、16歳の生涯を終えました。当時の私に出来る事はすべてやってきたとは思いますが、今思えば「こんなことをしてあげられたのではないか」「もっと出来る事はあったんじゃないか」という後悔もあります。

グルメのために学んだこと、してあげたかったことをより多くのわんちゃんたちへ

グルメが亡くなった後、私と同じように「愛犬のためなら何でもしてあげたい」という想いを持つ飼い主様のために、私が得た知識や経験を活かしてお役に立てることをしていきたいと考えるようになり、それまでキレイで可愛くすることだけが目的だった普通のペット美容から、メンテナンスケア、健康維持のためのエステ・トリミングのサービスへとお店のコンセプトを徐々に変えていき、メニューにドッグマッサージや鍼灸などのケアコースを取り入れていきました。また、お店の定休日を利用してドッグマッサージや鍼灸についての講習を開いて、飼い主様が自宅で気軽にできるメンテナンスケアの方法を伝える機会を作ったり、ドッグカフェやペット関連のイベント会場などでドッグマッサージ教室なども開催しています。

飼い主さまに正しい知識と役立つ情報を発信していきます

わんちゃんたちは、自分で健康管理をすることはできません。それは愛犬の健康は飼い主様に委ねられているということです。たとえば、飼い主様が犬に与えてはいけないことを知らずに「玉ねぎ」をごはんに混ぜてしまえば、わんちゃんは中毒を起こしてしまいます。同じように、粗悪な原材料を使っているドッグフードや添加物がたくさん含まれたおやつなどを知らずに与え続けていれば、愛犬の病気リスクはどんどん高まっていきます。飼い主様が正しい情報を知っているだけで防ぐことができる病気もたくさんあります。
わたしたちは、インターネットという情報を発信するツールを活用して、多くの飼い主様へ正しい知識や役立つ情報を発信し、わんちゃんたちの健康維持のために安心して与えられる良質な商品をお届けしていくことで、できるだけ多くのわんちゃんたちが幸せに暮らしていけるよう、お手伝いをしていきたいという想いから、この通販サイト「アットグルメ」を2015年の10月にスタートしました。

黒柴 くぬぎのご紹介

幼少期の劣悪な環境の影響で、うまく成長できず身体が弱い子に

くぬぎは劣悪な環境で幼少期を過ごしていた子をあるきっかけから、お店で預かることになり、そのままうちで引き取り、一緒に暮らすことになりました。出会った頃のくぬぎは、栄養失調状態で、人間不信。大きな音にもまったく反応せず、まるで死んだ魚のような眼をしていました。うちに来るまで、いろんな場所をたらいまわしにされていたのか、ちょっとした環境の変化にも弱く、キャリーに入れるだけでパニック状態になったり、車検のため、載っている車が台車に変わっただけでもパニックに。また、満足にごはんを与えてもらえていなかったようで、食事を与えると死に物狂いで食べていました。皮膚もボロボロで、当時は3日に一度はシャンプーをしていました。
少しずつ、少しずつ、身体面と精神面をケアしていき、人間にも心を許すようになっていきましたが、幼少期に過酷な体験をしていたので、今でもいろいろなトラウマが残っています。また、成長期に十分な栄養を摂っていなかったために身体がうまく成長できず、いまでも柴犬にしては身体が小さく、花粉症、皮膚病、食物アレルギーなどの慢性的な疾患もたくさんあります。

成長したくぬぎはグルメの意志を継いで2代目の看板犬へ

少しずつ成長し、先住犬のグルメとも仲良くなってきたころ、普段はグルメと一緒にお店に出勤していたのですが、その日はたまたまくぬぎだけ実家にお留守番させていました。実家の近所で駐車場のバイクに引火し、大きな音で爆発する騒ぎが。その事件がくぬぎの新たなトラウマとなってしまい、それ以来、雷の音を怖がるようになりました。それでも、くぬぎは順調に成長し、グルメが亡くなった後はグルメの意思を継いで2代目の看板犬として、お店に来てくれたお客様に接客をしています。

ある日突然、眼の痛みを訴え病院へ行くと

2016年8月ごろ、いつものように朝ごはんを準備していましたが、くぬぎの様子がおかしく、右目を開かずにショボショボ。とても痛そうな様子だったので、すぐに行きつけの動物病院へ。診断の結果、両目とも「緑内障」という診断。そのまま入院し、翌日には手術。その後3度の手術をして、眼球は残すことができたものの、右の視力はなくなりました。
しばらくは、一日4度の目薬と飲み薬の毎日が続き、その影響なのか、痛みからなのか食欲がなくなり、2日に1回くらいしかごはんを食べない状態が続きました。手術から数か月経って、ようやく眼圧も下がり、目薬の回数も減ってきて、食欲も戻ってきましたが、視力が残っている左目のほうも症状は軽いものの、緑内障と診断されているので、いつ右目と同じような状態になってもおかしくないため、油断ができない状態で、毎日の目薬は欠かせません。
右目の痛みもなくなり、食欲も出てきたので、今では再び営業部長として職場復帰。今年からはお店だけでなく、アットグルメの営業部長としてもがんばっています。

梱包・配送について

配送業者は佐川急便または郵便局のどちらかで発送します。

当店で取引をしている配送業者は、佐川急便および日本郵便(郵便局)のみです。発送は毎日夕方に一度行い、配送業者についてはお客様のお届け先や荷物の大きさ、配送業者が集荷に来るタイミングなどによってどちらの配送業者でお送りするか選択しています。

ご注文をいただいてから、最短の発送便で商品をお送りします。

商品の発送は通常、ご注文をいただいた当日~3日(日・祝を除く)以内に、最短の発送便で、広島市から出荷いたします。※一部のお取り寄せ商品や在庫切れの場合など、発送までに4日以上必要となる場合にはメールにて発送予定をご連絡いたします。

到着時間帯の指定はご注文時に選択していただけます。

到着時間帯については、【午前中・12~14時・14~16時・16時~18時・18時~21時】の5つからご都合の良いお受け取り時間帯を選択することができます。

ご購入者様とお届け先の方のお名前が異なる場合には、贈答用の納品書を使用します。

お友達などへの贈り物としてご購入される場合には、「贈答用」の納品書(※金額は記載されておりません)を添付します。また、配達時に開封しなくても、誰からの贈り物であることが分かるように、配送伝票にご購入者様のお名前を記載してお送りします。

商品は梱包材に包み、丁寧に梱包してお送りします。

商品はプチプチの梱包材に包んで、新品の段ボールに丁寧に梱包してお送りします。※商品の形状に合った段ボールのサイズがない場合は、プチプチの梱包材を外側にしっかり巻いて、簡易包装でお送りします。

店長のご紹介

たくさんのわんちゃんたちが、大好きな家族と幸せに暮らせますように。

最近、テレビ番組や雑誌の特集などでも、「保護犬」の話題が取り上げられていますが、人間の身勝手な都合で不幸になっているのは、保護犬だけではなく、温かい家庭に迎えられて幸せに暮らしているはずの「飼い犬」の中にも、飼い主様の知識不足や意識の低さから過酷な環境で生活している子がたくさんいます。

ほとんどの飼い主様には、決して悪意があるわけではなく、正しい情報を知らないことで結果的に愛犬の健康を害する食事を与えていたり、愛情が多すぎて、欲しがる愛犬に食事やおやつを過剰に与えてしまい、肥満になったりしています。ペットサロンのお店に来店されるお客様の中にも、皮膚が悪くなってたり、肥満で関節が悪くなっている子などがおられます。早急に食生活や生活習慣を改めなければ、いつ重大な病気になるかもしれない状態の子もたくさんいます。わんちゃんたちは、自分で健康管理をすることはできません。与えられたドッグフードが、どんなに粗悪な原材料で作られていたとしても、給餌量が多すぎるとしても、与えられた食事を与えられた分だけ食べてしまいます。つまり、わんちゃんが健康でいられるかどうかは、飼い主様の手に委ねられているのです。「怪我をしたり、病気になった時には腕のいい病院を知っているから大丈夫」という飼い主様もおられます。確かに、腕の良い病院へ連れていってもらえることは心強いことです。でも、怪我をすれば痛いし、病気になれば苦しみます。だから、病気にならないように普段から健康管理をしっかりしてあげることが、本当の愛情だと私は思っています。
「保護犬」は、飼い主様がいない状態の子なので、専門知識を持ったボランティア団体によって保護されれば、健康的な生活を送ることができます。でも、家庭で飼われている「飼い犬」は法律上、「飼い主様の所有」となるため、どんなに劣悪な環境で飼育されていることが分かっていたとしても、動物愛護法などに違反していない限り、行政やボランティア団体にも手出しをする事ができません。「飼い犬を幸せにすることが出来るのは飼い主様だけ」なのです。だからこそ、わたしたちペット業界の人間としてわんちゃんたちの幸せのために出来る事は、良い美容サービスや良いペット用品を販売するだけではなく、より多くの飼い主様へ正しい情報を提供し、愛犬の健康に関する意識を高めてもらうことで、幸せな飼い犬を少しでも増やすためのお手伝いをしていくことだと考えております。

取得資格(※一部です)

会員登録のご案内 店長ブログ お電話からのお問い合わせ

カレンダー
  • 今日
  • 発送休

※お電話からのお問い合わせは土・日・祝日はお休みです。

店長のご挨拶

キッズゥ 店長

ご来店いただき誠にありがとうございます。アットグルメは広島市のペットサロンキッズゥのオンラインストアです。わんちゃんや飼い主様の暮らしを快適にする便利グッズやわんちゃんの健康維持を目的とした商品などをご紹介しておりますので、ぜひお試しください。
店長日記はこちら >>

食べすぎ注意あご煎餅瀬戸のいりこ のどぐろ煎餅

【 新 入 荷 】

楽天ID決済 あんしんクレジットカード決済システム

ページトップへ