店長のご挨拶

大好きなわんちゃんがずっと元気で幸せに過ごせるように、ハイグレードなこだわり商品をご提案いたします。ぜひお試しください。
店長日記はこちら >>

ドッグフードの与え方

わんちゃんの健康維持に関心を持って取り組んでいる飼い主さんは沢山いらっしゃると思います。
わんちゃんの食事にドッグフードを活用している方も多くいらっしゃるでしょう。ドッグフードは、わんちゃんの健康に大きく関わります。
適切な与え方をしてわんちゃんの健康を維持していきましょう。

ダイエット中の食事

 

ダイエット中の食事 わんちゃんのダイエットは、人間と同様に無理なく行っていくことが大切です。ダイエットは、太り気味のわんちゃんが健康維持のために行うものであって、無理なダイエットをさせてしまっては、反対に健康を害してしまいます。無理のないダイエットを行うには、急激な減食を避ける必要があります。

最終目標だけ設定してしまうと初日からダイエットがハードになりがちです。最終的な目標体重を決めたら、中間目標を幾つか設定しておくことをおすすめします。

無理のない食事ルールを着実にこなしていくことが、わんちゃんの体に負担をかけないダイエットになります。また、ダイエット中にわんちゃんが食事量に満足しない場合もあると思います。胃が大きくなってしまったわんちゃんの食事は、満腹感を得られるように工夫しましょう。

食事のかさを増やす、食事を小分けにすることで食事の満足感はアップするはずです。食事のかさ増しは、ドッグフードのミックス、トッピングの活用などの工夫が可能です。時間をかけて食事をさせれば、過度な空腹感を避けることができます。

食事の食いつきが悪い場合

 

食事の食いつきが悪い場合 わんちゃんが思うように食事をしないという場合、幾つかの原因が考えられます。加齢や体調による食欲不振、元気はあるのに食べない偏食、ドッグフード自体に問題があるというのが主な原因として挙げられます。元気があるのに食事をしないケースは、わんちゃんが好き嫌いをしている可能性が高いです。

わんちゃんの偏食は、幼少期に与えるえさやおやつの傾向によって形作られていくことがあると言われています。偏食が原因で食事を十分に食べない場合は、しつけで偏食を直していくことが大切です。

ご飯を食べないわんちゃんを見るのは辛いものですが、健康維持のために、食いつきが悪くても必要な栄養素が含まれたえさを与えるようにしましょう。食欲不振、ドッグフードに問題があるケースは、ドッグフードを変えることで解消されることもあるので、ドッグフードの見直しをおすすめします。

成犬は太りすぎ、シニア犬は食欲不振に気をつけてドッグフードを選択することが大切です。大型犬、小型犬などわんちゃんの体に合わせてドッグフードを購入したいという方は、通販の当店をご利用ください。
当店では、わんちゃんの健康を考えたドッグフードやおやつを販売しています。アレルギー対応ドッグフードも販売していますので、わんちゃんの年齢や体調に合わせて購入していただけます。